サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

【ラッセル反発】米国株式市場分析まとめ【20210331】

どうもサラリーマン投資家のきょんす(@investerkyons)です。昨晩、米ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁が米国の新型コロナウイルスワクチン接種が順調に進んでいるため、米国経済の見通しは楽観的になるとの考え方を示しました。経済へは良いニュースですが株式市場の反応を確認したいと思います。
それでは昨晩の米国株式市場の振り返りと考察をまとめていきましょう。

スポンサーリンク



米国株式市場の分析まとめ

昨晩の米国市場をまとめると以下のとおり
・指標チェック:ラッセルは反発。その他は横ばい
・セクター別:銀行、レストランが強い
・マイチーム:PERIが牽引し、大きく上昇

それでは掘り下げていきましょう。

指標チェック

f:id:tokukyons:20210331065255j:plain
米国市場指数一覧(20210331)

S&P500やNASDAQはやや下落していますが、ラッセル2000は上昇しており、全体的な印象としては横ばいです。米国10年債利回りは一時的に1.776%まで上昇しましたが結果的に下落で引けています。

  • ダウ平均:△0.31%
  • S&P500:△0.32%
  • NASDAQ:△0.11%
  • ラッセル2000:+1.72%
  • 10年債利回り:1.710%(△0.64%)
  • S&P500 VIX:19.61(△5.45%)

 

セクター別

f:id:tokukyons:20210331065633j:plain
S&P500ヒートマップ(20210331)

印象としては、全体的に赤が目立ちますが、指数は微減であることから、分散効果を感じることができます。

  • 銀行やレストランなどが強い。
  • その他は全面的に弱い。
  • GAFAMはGoogle以外が下落

マイチーム

f:id:tokukyons:20210331065809j:plain
My team(20200331)

指数に連動するETFを除けば、全ての銘柄が上昇しています。金利上昇と小型が強い地合いもあってぺリオンネットワーク(PERI)が5%以上も上昇しています。


マイチームの詳細はこちら

考察

注目ポイント

・米国10年債利回りは一時的に1.776%と14か月の高水準を付けました。金利が上がるとグロース株への重しとなるため、今後も動向に注目したいです。
・一方でVIXが20を下回りました。四半期末を迎えることから、大きな材料がなければ、今晩の株式は比較的落ち着くと考えています。

今後の戦略

・引き続き、長期金利などの動向を注視しながら、相場の観察に徹します。
・市場の状況から個別株はしばらくは様子見になると考えています。
・ビットコインや投資信託の積立を継続しつつ、ドル円でエントリーチャンスを探していきたいと思います。
こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。

記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク