サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

【CRWD決算】米国株式市場分析まとめ【20210317】

どうもサラリーマン投資家のきょんす(@investerkyons)です。昨晩の米国市場は小幅な動きとなりました。また、保有銘柄であるクラウドストライク(CRWD)の決算発表がありました。そのあたりも含めて米国株式市場の振り返りと考察をまとめていきましょう。

スポンサーリンク



米国株式市場分析まとめ

昨晩の米国市場をまとめると以下のとおり
・指標チェック:方向感なし。引き続きFOMC待ち
・セクター別:小型株が下落。GAFAMは強い。
・マイチーム:全体で下落もCRWDが好決算

それでは掘り下げていきましょう。

指標チェック

f:id:tokukyons:20210317071821j:plain
米国市場指数一覧(20210317)

昨日に引き続き方向感のない展開となりました。10年債利回りは微増、VIXは下落しています。FOMCを控えていることなどが原因と考えられます。
ただし、ラッセル2000が大きく下落していることから、小型株から大型株への資金シフトがあったと予想できます。

  • ダウ平均:△0.39%
  • S&P500:△0.16%
  • NASDAQ:+0.09%
  • ラッセル2000:△1.68%
  • 10年債利回り:1.621%(+0.90%)
  • S&P500 VIX:19.79(△1.20%)

 

セクター別

f:id:tokukyons:20210317073017j:plain
S&P500ヒートマップ(20210317)
  • テクノロジーなどハイテクが強い。
  • 銀行やエネルギーなどオールドエコノミーが弱い
  • GAFAMはすべて上昇。小型株が下落している。

マイチーム

f:id:tokukyons:20210317073458j:plain
My team(20200317)

・これまで好調だったボーイング(BA)が、昨日に引き続き大きく下落しています。そのほかにもアフターコロナ銘柄が軒並み下落しています。
・クラウドストライク(CRWD)は決算発表を前に様子見の下落といったところです。

マイチームの詳細はこちら

クラウドストライク(CRWD)の決算

f:id:tokukyons:20210317075946j:plain
クラウドストライクの決算は素晴らしいものでした。ガイダンスは一部弱いものの現時点のアフターでは5%ほど上昇しています。
(決算値はクラウドストライクHPから、予想はInvesting.comから引用しています)

〇21年度第4四半期決算
 ・EPS:$0.13 予想:$0.08
 ・売上高:$264.9M  予想:$250.5M

〇ハイライト
 ・サブスクリプション売上高は2億4470万ドル 前年同期比+77%
 ・サブスクリプション粗利益は80%

〇22年度第1四半期ガイダンス
 ・売上高:$287.8~292.1M 予想:267.8M
 ・EPS:$0.05~0.06 予想:0.05

考察

注目ポイント

・VIXが下落しFOMCまでは落ち着いた相場となる予想です。
・FOMC後に金利がどのように動くのか注目が必要です。

今後の戦略

・引き続き、米国債利回りとVIXの動向に注目しつつ、相場の観察に徹します。
・クラウドストライク(CRWD)の決算は良かったので保有継続します。
・FOMC後に金利が動き出した場合は為替も動くはずです。方向感が出れば、ドル円のエントリーを考えています。

こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。

記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村

スポンサーリンク