サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

【上方修正】ポート(7047)の分析

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。週末に株式市場について振り返りを行っていたところ、3月11日に業績を上方修正している会社を見つけました。業務内容も興味深かったため、今回はポート株式会社について投資家目線で分析したいと思います。
※投資は個人の判断でお願いいたします。

スポンサーリンク



ポートの分析

基本情報

まずは基本情報を確認していきましょう。

  • 企業名:ポート
  • 証券コード:7047
  • 設立:2011.4
  • 上場:2018.12
  • 連結事業:キャリア系メディア53、ファイナンス系メディア43、他4
  • 理念:非日常体験の意志決定支援で人々を幸せに
  • おまけ情報:社長が30代前半と若いです。大学卒業と同時に創業した会社とのこと。私と同年代ですね。素晴らしい。

チャート

次にチャートを確認します。

f:id:tokukyons:20210313232448j:plain
ポートのチャート
  • 株価(3月12日終値):759円
  • 時価総額:約88億円
  • ひとこと:上昇トレンド入りとなりそうなチャートです。上値余地もありそうです。

事業概要

f:id:tokukyons:20210313234435j:plain
マッチングDXとは 出典:ポートHP
f:id:tokukyons:20210314005511j:plain
事業紹介 出典:ポートHP
  • 非日常体験というテーマに特化し、就職やリフォームなどに関するメディアを運営しています。同社の運営する『キャリアパーク』はリクナビ、マイナビに次ぐ規模の就活情報サイトです。
  • 情報収集から契約までを一気通貫でデジタル化する支援をしています。
  • 非日常体験というテーマを軸に大手企業が狙わない領域で事業を展開していく戦略のようです。
f:id:tokukyons:20210313235226j:plain
マッチングDXの展開イメージ 出典:ポートHP

業績ハイライト

2021年2月12日に発表した第3四半期の決算を見てきましょう。

f:id:tokukyons:20210313235547j:plain
業績ハイライト 2021年3月期 第3四半期会計期間 出典:ポートHP
  • 売上高は26%増加とまずまずの成長です。
  • 上場して数年ですが既に黒字化できていることは評価できます。
  • 一方で営業利益率(約6%)の低さは気になりますが営業費用のうち約4割は広告宣伝費のため問題なさそうです。積極的な宣伝と黒字化の両立ができている印象です。(ちなみにマイナビは営業利益率15%程度でした)

注目ポイント1:就職領域のKPI

f:id:tokukyons:20210314002915j:plain
就職領域 Key Driver UP施策 出典:ポートHP
  • 会員数は+107%、既存サービス部分でも+37%と順調です。
  • 新規顧客数も前年同期比で+106%。正確な数字はわかりませんでしたが、会社公表のグラフから見ると前四半期と比較して30%程度は増えています。
  • 一人あたりのマッチング数と単価は減少しています。会社の説明では新規事業の買収や需給の影響とのことです。内訳は不明ですが、2020年7月の買収時点では、新規事業の1人当たりの単価は既存事業よりが1/7程度とかなり低いようです。今後はここを改善していけるかに注目です。

注目ポイント2:リフォーム領域は順調

f:id:tokukyons:20210314004903j:plain
リフォーム領域 第3四半期業績 出典:ポートHP
  • リフォーム領域はコロナによる後押しもあってか非常に順調です。
  • 売上、利益ともに上昇しています。また、営業利益率が30%弱と比較的高いことも良いです。

注目ポイント3:直近の業績上方修正

リフォーム領域、カードローン領域において、送客数が想定より増加することなどから3月11日に通期業績予想を修正しており、売上高を4,100~4,500百万円のレンジから4,600百万円に修正しています。増減率は中央と比べると+7%程度です。利益は引き続きレンジの範囲で据え置きです。

感想

 ・今回はポート(7047)を紹介させていただきましたが、いかがでしたか。市場を絞っていることで領域のリーダー位置を確立しており、好感が持てました。個人的には現在育成中の新規事業の成長にも期待しており、買付するか検討しています。
 ・こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。


記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーリンク