サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

日本市場振り返り。日経平均3万円割れ(20210224)

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。
それでは本日の日本市場を振り返っていきましょう。

市場の動き

指標チェック

 ・昨日の米国市場の影響を受けて本日の日経平均は△1.61%と下落し、3万円を割りました。
 ・また、その他の指数も下落し日本市場全体で下落となりました。特にマザーズ指数については前日比△4.31%と大きく下落しています。

f:id:tokukyons:20210224191305p:plain
日本市場の指標一覧

セクター別(東証一部業種別)

 ・空運業、不動産業が強く、電気機器、精密機器は弱い
 ・コロナ終息の期待感から、空運業は大きく上昇したと思われます。

f:id:tokukyons:20210224192530p:plain
東証一部業種別株価指数

気になるニュース

黒田日銀総裁の発言

 ・日銀の黒田東彦総裁が衆院財務金融委員会で、日銀が保有する上場投資信託(ETF)からの配当が「かなりの額に上っている」と述べた。ただし、活用方法に対する考え方は現時点でないとした。
 
(情報元)
保有ETFからの配当はかなりの額、活用は考えず=黒田日銀総裁 | ロイター

考察

今後の注目点・戦略

 ・今回の日本市場の調整は、米国市場の影響によるものと考えられますので、今晩の米国市場の動きに注目です。米国市場のグロース銘柄下落が続くなら、日本市場のグロース銘柄も上値は重くなると予想されるため、マザーズ市場の銘柄に投資するのは控えるべきだと思います。
 ・一方で、アフターコロナが投資家たちに意識され始めていると予想されます。コロナの終息が見えてくると、航空関連銘柄にはプラスとなりますが、需要がコロナ前の水準に戻るのは難しい(少なくとも時間がかかる)と個人的には考えています。
 ・以上のことから現時点では動くタイミングではないと考えています。

こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。

記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ