サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

アフターコロナ銘柄が強い。米国市場の振り返り

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。それでは昨晩の米国市場の振り返りと考察をして行きましょう。

市場の動き

 それでは、指標のチェックとセクター別の動きを見てきましょう。

指標チェック

 ・ダウ平均:+0.09%%
 ・S&P500:△0.77%%
 ・NASDAQ:△2.46%
 ・ラッセル2000:△0.63%
 ・10年債利回り:+0.02%
 ・S&P500 VIX:+6.35%

 NASDAQのグロース株が大きく下落しました。
 

セクター別

 ・金融やエネルギーなどが強い
 ・テクノロジーや一般消費財などが弱い
 ・GAFAMは全銘柄下落

f:id:tokukyons:20210223090252p:plain
S&P500 ヒートマップ

考察

 考察は以下のとおり

注目ポイント

 ・昨晩の市場で大きく上昇したのでは、ウォルトディズニー(+4.42%)やオンラインの旅行会社であるトリップアドバイザー(+12.00%)、建設・鉱山機械を作るキャタピラー(+3.88%)、クルーズ会社であるロイヤルカリビアン(+9.33%)などです。これらに共通していることは、新型コロナで大きく打撃を受けていた企業であるということ。新型コロナ終息の期待感から上昇したと考えられます。
 ・一方、テクノロジー系から資金流出している印象です。特にGAFAMは大きく下落しました。

今後の戦略

 ・10年債利回りとVIX指数が上昇局面のため、安易な買い付けは実施せず、落ち着くまでゆっくりと待ちたいです。幸い、先週中に現金比率を高めていたため、最悪の事態は回避できそうです。
 ・しかしながら、保有銘柄のグロース株の含み益が大きく減少中、次回の決算発表で少しでも雲行きが怪しければ売却したいと思います。
 ・また個人的にはウォルトディズニーを購入しようか検討中です。Disney+が好調なうえ、アフターコロナでディズニーランドが復活することを考えると非常に良い銘柄だと考えています。


こんなところでしょうか。本日は祝日なのでゆっくりしたいと思います。
それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。

記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ