サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

気になるニュースまとめ(2月21日時点)

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。
今回は週末の気になるニュースについてお話していきます。

それでは内容と気になるポイントについてまとめていきましょう。

今週末の気になるニュース

北米初のビットコインETFがカナダで上場、売買代金174億円

〇ニュースの概要
 ・北米で初めてとなる仮想通貨ビットコイン(BTC)の上場投資信託(ETF)が18日カナダのトロント証券取引所で上場。名前は『パーパス・ビットコインETF(BTCC)』。
 ・売買代金は約174億円程度に上った。

〇気になるポイント
 ・想像以上の売買代金となりました。ビットコインに対する注目度の高さがわかった気がします。戦略としては足元の急騰落を気にせず、資産の5%程度になるまで買付していこうと思います。

(情報元)
ビットコインETFがカナダでデビュー、取引開始直後から大商い - Bloomberg

G7首脳、経済への財政支援継続を表明

〇ニュースの概要
 ・主要7カ国(G7)首脳が会議中に「雇用を守るとともに、力強く持続可能で均衡の取れた包摂的な景気回復を支援するために、経済を支え続ける」との声明を発表
 ・また「今夏に安全、安心な方法で東京五輪・パラリンピックを開催するという日本の決意を支持する」という声明も発表

〇気になるポイント
 ・経済政策の出口について言及されなかったことは、個人的によかったです。
 ・オリンピック。パラリンピックを開催することに言及したのは意外でしたが、これで開催されることがほぼ確実になったと思います。(もう止められない)夏までに新型コロナが終息することに期待するばかりです。

(情報元)
G7首脳、経済への財政支援継続を表明-東京五輪開催の決意支持 - Bloomberg

FRB、完全回復まで米経済に「強力な支援」継続へ

〇ニュースの概要
 ・米連邦準備制度理事会(FRB)は金融政策報告で、金融当局は新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)と闘う米経済を強力に支援し続けると表明
 ・パンデミックにおける雇用喪失は低所得者と大学の学位を持たない労働者、非白人、母親に大きく偏っていると指摘

〇気になるポイント
 ・投資家視点では経済政策を継続する意思を示したことは市場へ良い影響を与えると思います。一方で、社会の格差が広がり治安悪化などに繋がらないことを願います。

(情報元)
FRB、完全回復まで米経済に「強力な支援」継続へ-金融政策報告 - Bloomberg

まとめ

 ・今回は気になるニュースをまとめてみましたがいかがでしたか。
 ・比較的、市場へ良い影響のあるニュースが多かった気がしているので、週明けが楽しみです。

こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。