サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

プログラミング界の異端児ヤプリ(4168)

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。今回はCMで元SMAP稲垣吾郎さんを起用したことで注目を集めたヤプリ(4168)について分析していきます。IPOしてからの初めての通期決算を2月15日に発表したので見ていきましょう。
※投資は個人の判断でお願いいたします。


(目次)

基本情報

 ・企業名:ヤプリ
 ・証券コード:4168
 ・設立:2013.4
 ・上場:2020.12
 ・おまけ情報:初めての資金調達はYJキャピタル(Yahoo!Japanグループ)からの資金調達です。

チャート

 ・株価(2月16日終値):6,370円
 ・時価総額:約765億円
 ・ひとこと:1月につけた高値に向けて上昇中です。上抜けできるかに注目です。

f:id:tokukyons:20210216190902p:plain
ヤプリ チャート

事業概要

 ・プログラミングができない方でもアプリの開発・運用・分析ができるプラットフォームを提供しています。
 ・個人向けだけでなく企業向けのプラットフォームも提供しており、社内報や研修動画をアプリに集約可能です。
 ・製品のアップデートによる強化に努めている印象です。また、ノーコード(ノンプログラミング)は投資テーマとして面白いと思います。

f:id:tokukyons:20210216191821p:plain
Yappliが提供する主なソリューション 出典:ヤプリHPより

業績ハイライト

 ・売上は対前年 38.9%の増、売上総利益は対前年 48.0%増しています。また売上総利益率も50%以上です。おそらく広告宣伝費等を増やしたことで営業利益はマイナスですが予想を上回る水準です。
 ・上場したばかりのグロース株にしては成長率が物足りない気もしますが、上場時点の時価総額が高いにも関わらずこの成長率を維持できていることは十分評価できると考えます。

f:id:tokukyons:20210216193752p:plain
2020年12月期 業績 出典:ヤプリHPより

注目ポイント1:低い解約率

 ・月額料金を徴収するビジネスモデルのため、解約率が低いと自動的に売上を維持できます。解約率の低さはユーザー満足度が高いことを表しており、1%未満は非常に評価が高いです。

f:id:tokukyons:20210216194959p:plain
1%未満の解約率を維持 出典:ヤプリHPより

注目ポイント2:プロダクトによる優位性

 ・これまで主流であった受託開発モデルと違い、ノーコードで大企業向けのプラットフォームを提供しているため競合が少ないのが特徴です。

f:id:tokukyons:20210216200230p:plain
大企業向けノーコードプラットフォームとしてユニークな存在 出典:ヤプリHPより 

まとめ

 ・今回はヤプリ(4168)を紹介させていただきましたが、いかがでしたか。ノーコードという時代に合ったテーマで業績拡大しており、低い解約率を維持し続けることができれば、さらなる成長が期待できる銘柄でした。プログラミング界の異端児としてさらなる快進撃に期待したいです。
こんなところでしょうか。それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。

記事作成の励みになりますので、よろしければクリックお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ