サラリーマン投資家の軌跡

30代サラリーマンで投資家です。2020年3月に150万円で証券口座を開設した平凡サラリーマンの記録。株式(日本株・米国株)、FX、仮想通貨なんでもござれ。2021年2月に500万円突破!!

決算シーズンにできること

どうもサラリーマン投資家のきょんすです。

決算シーズンも終盤に差し掛かってまいりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。今回は決算シーズンにサラリーマン投資家ができることについてお話したいと思います。

 

○決算分析

 個別銘柄を保有している場合は、決算くらいはチェックしましょう。決算書が読めなくても、Twitterやブログを活用して、決算が良かったのか、悪かったのかくらいは把握しましょう。可能であれば決算書の読み方を学習し、貸借対照表損益計算書くらいは見れるようになりましょう。

 このブログでは私が気になった銘柄の決算情報をわかりやすく考察しているのて、参考にしてみてください。

 

○積立は継続

 積立NISAをはじめとした投資信託は株価の変動に関わらす、コツコツ積み立てることが非常に重要です。なにも気にせず毎月コツコツ積立を継続しましょう。

 

○私の過ごし方

 ・保有銘柄の決算を確認。決算が悪い場合は売却を行います。米国株の場合は売上高と利益、ガイダンスがコンセンサス予想を上回っているかを確認しています。日本株の場合は、上方修正や下方修正がないかに注目しています。

 

○まとめ

 私は企業の業績を投資判断の重要な項目として位置づけていますので、決算時期は割と忙しい毎日を送っていますが、テクニカルだけで投資をする方でも、積立投資をしている方でも規律を大切に日々を過ごしましょう。

 

こんなところでしょうか。

それでは最後までご愛読いただきありがとうございました。